須田総司の「The Usodas(ジ・ウソダス)」

第3話 「たのむ!わしのページを見て!」の巻

 前回、検索エンジンの悪口(特にYahoo!)言うたせいか知らんが、肝炎で入院してしまった。。。トホホ。。。

 さて、前回は現状での「yahoo!」への登録の難しさについて語った。
 「じゃあ、どないせいっちゅーねん!」ってのが今回のテーマや。
 まず、yahoo!をはじめとした「検索エンジン」に頼らない方法。
 皆さん、インターネットのホームページアドレスはどうやって見つけてる?「もう慣れてるからyahoo!などの検索エンジンから」という方も多いことやろ。では、初めてインターネットへ繋げて大喜びした「あの日」を思い出してみてくれへんかな。。。
 さて、どうでしょう。イキナリ検索エンジンの画面出してなにか探した?
 大抵はなにか表示された画面のどこかをクリックしたか、雑誌やTVなどに掲載されていたアドレスを入力して好きなホームページを表示したのとちゃいますか?
 そうなんです。実際、どうやってそのホームページのアドレスを人は知るのかというと「狙って検索エンジンで調べて」という方より「人から聞いて」「TV・雑誌で見て」という方が実は多いんですよ。(そりゃテキトーに検索してってのもあるかもしんないけど狙ってはなかなかあらへんよね。)
 つまりホームページを見てもらうためには「検索エンジンに登録する」ではなく「ホームページを宣伝する」ことが本質なんや。もちろん検索エンジンに登録することも宣伝の一つではあるけども「検索エンジンに登録しとけば宣伝になる」と勘違いしてもらっては困るんですよ。
 前回にも述べたように検索エンジンに登録したって、ユーザーの指定したキーに思ったとおりいつも引っ掛かるワケやない。
 だから「検索エンジンに登録しておけばホームページが見られる」と思ったらアカン。
 では「ホームページを宣伝する」って、どないするんでしょう?

 まず重要なのは「不特定多数」に宣伝せなアカンのか、狙った「特定のターゲット層」に宣伝すんのかというのをハッキリさせておくこと。例えばアダルトサイトの宣伝をするのに主婦や子供に宣伝しても意味ないし、余計な反感買ってしまう。販売経路がないのに世界中に宣伝してしまうのも困りもの。アフリカから急に注文きても対応できないでしょ。なにはともあれ余計な宣伝はするのも、した後も余計な時間・金・手間がかかってしまう。インターネットは世界中に繋がっているけど、なにも世界中使いきる必要はどこにもないで。隣近所つないで儲かるならそれにこしたことはないんや。
 さて、ターゲット層が決まったところで次は「宣伝方法」つまりメソッド(手法)や。
 そりゃ金とヒマかけりゃどんなんでもある程度うまくいく。最近の歌謡曲みたいなもんやね。ドババっとTV・FMでかけまくりドババっと売るってヤツ。でも、ふつう無いからね、そんな大量の金とヒマ。
 で、どうするか。一番手っ取り早いのが「新聞の折込チラシ」や「新聞・雑誌掲載」。俗にいう「広告をうつ」というヤツ。
 正直、これも金がかかるが折込チラシなんかは1部3〜5円程度やから、地域絞っていけばそうそう高くはならないはず。ただ、広告の制作には金かかるけどね。自分でチラシ作っても印刷は発生するから。でもコピーなら数万ですむはず。あと、新聞への広告掲載は正直、値段の割に効果低いと思う。それよか、自分の商売とマッチした雑誌掲載なんか効果高い。最近流行りのフリーペーパーへの掲載なんかは、なかなかGOOD!
 ただ、どんな広告も1回ではアカン。数回は続けな効果は望めんで。
 
 それでは広告以外にどんな方法があるか。そいつはやっぱり「人と人とのつながり」なんや。要は最初にいうた「口コミ」。インターネットかて「広告の本質」はかわらへん。具体的にいうと「相互リンク」なんかその一つ。
 互いにホームページをリンクし合うだけのことなんやけど、これが意外に役立つ。相互リンクを続けていくと突然いつも見てる人気サイトにリンクされてたりする。やってみると世の中は広いようで意外と狭いなと思うで。
 メーリングリストに参加して署名の部分に自分のサイトのアドレスを掲載しとくんのも大事。「細かいなぁ」と思うけどこれも意外と役立つでー。ただやり過ぎはアカン。露骨に「このサイト来てやー」とだけ書いたメールをメーリングリストに流しても、総スカン食うだけやで。あくまで、さりげなく「ついでにこんなん作ってますけど、よかったら見にきてや」程度にしとくんのがGood!
 
 色々いうたけど「これでホンマにYahoo!より効果あんのか?」と疑ってる人おらへん?
 じゃあ簡単な例をあげるとな、検索エンジンなんてHITされたうえクリックされんのは0.0何%やで。まさに万に一つや。100人のメーリングリストの中から1人サイトに来てくれたら1%やろ。簡単な算数ちゃうんかな。。。

つづく

参考
第1話 本当の初心者講座
第2話 「Yahoo!は神様とちゃうんやでぇ〜」の巻
第3話 「たのむ!わしのページを見て!」の巻
第4話 「ぼーんとぅびぃふりー」やで!の巻

※訂正(2001年2月28日)
 「折込チラシなんかは1部0.5円程度やから」というのは誤りでした。「3〜5円程度」と言うのが正しかったです。訂正してお詫び申し上げます。

須田総司の掲示板       

ここをクリックしてください。 ここをクリックしてください。
TopPRBox掲示板IT初心者講座TheUsodas登録の仕方バナー広告の募集ページトップへ

mail to kaja−net