Click here to visit our sponsor



IT導入のための初心者講座


第1回「ITとは?」


 最近の新聞紙上には、必ずというほど「IT」という言葉が出てきます。日本語訳として「情報技術」とは言われていますが、この訳し方でどれだけの方が理解しているのでしょうか?そんなみなさんや解かってはいるんだけどわからない人たちにどうやって教えたらいいか解からないといった方たちのお役に立てればと思い「IT導入のための初心者講座」なるものを生意気にも立ち上げてみました。皆さんの御意見等いただきながら進めていく所存ですのでよろしくお願いいたします。




「IT」とは?(情報技術ってどんな技術?)

 ITとは「Infomation Technology」(インフォメーション テクノロジー)の略で、日本語訳は「情報技術」です。「主にインターネット関連のことを指す」と覚えてください。(難しい言い方をすればきりが無いのでまずはこのように考えて下さい。8割方正解です。)そこでまず覚えなければいけないのは「インターネットとは?」です。まずはそこから始めましょう。


インターネットとは?

 コンピューターとコンピューターをつなげたネットワークのことです。これも多少難しい言い方ですね。イメージとしては「ホームページを見ること」と覚えましょう。そこで、「それじゃあ、ホームページってナンジャイ?」っていうことになりますのでそれにいきましょう。


ホームページとは?

 新聞、雑誌の記事、広告などを思い浮かべて下さい。それらは、紙面に印刷されています。「紙面ではなくパソコンで見ることができる記事や広告。それがホームページです。」というのはどうでしょう。みなさんが欲しい情報はいろんなメディア(媒体。新聞、雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、電話、他)で集めることができます。インターネットというのはそういうメディアの一つで、ホームページとはインターネットで見ることができる情報(記事)なのです。次にその仕組みに行きましょう。


インターネット、ホームページの仕組み。

 1台のパソコンがあるとします。その中(ハードディスク)のワープロで作った資料があったとします。当然そのパソコンでその資料を見ることができます。それではもう一台パソコンを用意してパソコン同士をつなげてみます。ちなみに近くにある(社内や家庭内など)のパソコン同士をつなげることをLAN(ラン、ローカルエリアネットワーク)といいます。(まだ覚えなくていいです。)するともう一台のパソコンで、一台目のパソコンの中にある資料を見ることができるようになります。もう一台つなげてみましょう。どのパソコンからも1台目のパソコンの中にある資料を見ることができます。
 先程の3台は近くに並べてあるので、LANケーブルというのでつなげてみました。今度はそれを電話回線等で、常時外部とつなげることによって、今度は外部のパソコンから資料を見ることができるようになります。インターネットというのはこのように世界中のコンピューター同士が線で蜘蛛の巣上につながっているのです。そしてみなさんのパソコンから世界中のコンピューターの中にある情報(主にホームページ)を見ることができるのです。なんとなくイメージはつかんでいただけたでしょうか?


ホームページのアドレスとは?

 アドレスというのは住所という意味というのはみなさんご存知ですね?世界中にあるコンピューターの中にホームページがあるというのは先程述べたばかりですが、そのホームページの一つ一つに住所みたいなものが割り振ってありまして、それをホームページアドレスといいます。ちなみにこのページのホームページアドレスは「www.kaja-net.com」です。
 インターネットエクスプローラーの「アドレス」という所や、ネットスケープの「場所」というところにこのホームページアドレスというのを入力すればこのアドレス(住所)のコンピューターを探し出してたどり着き、このアドレスのホームページを閲覧することができるのです。ただし、いつもいつもみなさんが欲しい情報があるホームページのアドレスを知っているわけではありません。そこで「Yahoo!(ヤフー)」「Goo(グー)」のような検索エンジンと呼ばれるホームページがあります。ここではいろんなホームページが種類(カテゴリー)ごとに整理されていますし、検索窓というところにキーワードを入力して検索をすることによりそのキーワードに引っかかったホームページを探し出すことができます。kaja−netのトップページにもみなさんのような鍛冶屋さん(製造業)の役に立つようにとリンク集がありますので、おおいにご利用ください。


電子メールとは?

 ITやインターネットの世界でもう一つ重要なのが電子メールです。
 電子メールとはその名のとおり、手紙の一種です。通常の手紙と違うのはパソコン上で手紙のやり取りをするということです。現在のパソコンのほとんどにはOutlook Express(アウトルックエクスプレス)等の電子メールソフトがついています。その電子メールソフトでワープロのように文字を入力しながら手紙を書きます。そしてそれを相手先に送るわけですが、相手先にも必ず電子メールアドレスという住所がありますので、その住所に送るわけです。ただし、相手のパソコンに直接届くのではなく、普通の手紙のポストにあたるものは、メールサーバーという、主にプロバイダーにあるポストに届きます。なので、相手はパソコン等を通じて、そのポストまで電子メールがきているかチェックしにいって初めて相手にその電子メールが届きます。このようにリアルタイム性が無いところに電子メールというものの短所はありますが、それを補っても余りある長所もありますので次はそれについてお話しましょう。


電子メールの長所。

 ファックスは送ったと同時に相手に着きます。しかしその場にみなさん、または他の人でもいいですが、誰かいなければ送られてきたファックスはずっとそのファックス機のところにあります。当然そこにみなさんがいなければ見ることができません。しかし、電子メールはメールサーバーというポストの中にありますので、電話回線等につなげることができるパソコンがあれば、世界中のどこにいてもその電子メールを受け取ることができるのです。また、その電子メールを見ることができるのはパソコンだけではありません。今はやりのIモードやEZウェブ、Jスカイメール等の携帯電話でもチェックする事ができます。受信しなければ届かないですが、いつでも、どこでもあなたの都合の良いときに受信することができるのです。
 最近ではあなたの電子メールアドレスにきた電子メールをIモード等の携帯電話に転送することができますので、相手が送信したのとほぼ同時に受け取ることができるようになってきました。また、NTTの回線料金が安くなってきたり、NTTのフレッツアイやケーブルテレビ等を利用したりすることにより、パソコンを常時、インターネットに接続することにより、電子メールの送受信が頻繁にできるようになってきましたので、以前よりは電子メールは受信するまで届かないという問題は少なくなってきました。


まだある電子メールの長所。

 いつでも、どこでもあなたの都合の良いときに受信することができる電子メールですが、他にもまだまだいい点がいっぱいあります。
 一番大きなメリットは、文字だけではなく、画像や動画、CADデータ、NCデータなど、ほとんどのパソコン上のデータがやりとりできます。かわいい子供や孫の写真をデジタルカメラで撮ってそれを知人やおじいちゃん、おばあちゃんに送るとか、多くてFAXでは遅れないような図面でもCADデータのまま電子メールに添付して送ってもらうとか、利用方法はさまざまです。単純に、ワープロソフトで作成した資料を、各部署にまわしながら、訂正や追加、削除等してもらえばみなさんの所に戻ってくる頃には完成したものが送られてきます。そして、当然のことながら、送られてきたファイルはあなたのパソコンに保存できますので、管理も楽になります。


まだまだある電子メールの長所。

 またFAXの同報通信のように、複数の相手に送信することもできます。それも1回の送信でできるのです。例えば同窓会を開くとします。100人に同窓会の案内を出すにあたり、今までは、手紙を100通送ったり、FAXを100回送っていたりしていました。それが、1回の送信で済みます。受信したほうもその案内はパソコンにデータとして残りますので、削除してしまわなければ、いつでもどこにしまい忘れたか探す必要なく、確認ができます。また、そのまま返信することもできますので、出欠の返事を記入して、返信すればよいのです。出欠を管理しているところはそのまますべてパソコンの中に受信データとして残るので、その後の管理が非常に楽になります。出欠の回答に同窓生の顔写真を添付してもらえば、顔写真つきの同窓会名簿の作成も非常に簡単です。
 インターネットはどのように利用したらいいかわからないという方は多いと思いますが、電子メールは活用方法が明瞭なので、まずは電子メールからでも結構ですので、ぜひ導入しましょう。


まとめ

 みなさんいかがでしたでしょうか?ITといえどもすべてはここらへんの応用です。まずは基本的なことがわかっていないと応用も難しいのでイメージだけでもつかんでおいてください。そしてなんにつけても体験が一番です。仕事と思わずにもっと気軽にインターネットでいろんなホームページを見たり、電子メールを知り合いに送って、「今、電子メール送ったけど着いたか。」などと電話をかけたりと、初心者ということを恥じることなく,わかる人に教えを請いながら日々精進してください。特にインターネットはやればやっただけ解かってきますので、電話代など気にせずにどんどんやってみて下さい。第2回の時にはレベルアップしたみなさんとお会いできることを楽しみにしています。


第2回「インターネットの常時接続のすすめ」
第3回「自分の身は自分で守る −ウィルス対策−」
第4回「ある中小企業のIT事情」

IT導入のための初心者講座(第1回)完
第2回に続く
作 ウーボヌーザック(Ubonuzak)


ここをクリックしてください。ここをクリックしてください。

TopPRBox掲示板IT初心者講座TheUsodas登録の仕方バナー広告の募集ページトップへ

mail to kaja−net kaja-net